どんなもので太りやすい体質なのかを把握する

どんなもので太りやすい体質なのかを把握する

 

人間は個体差の大きい生物です。顔だけ見ても、同じ顔、というのは滅多にないものです。顔でもわかるように、体質も同じということも実際には珍しいと言えるでしょう。

 

太りやすい体質の方もいれば、嫌になるほど太れないことをお悩みの方もいます。

 

実際には太る要素の違いで、太っている、あるいは、やせすぎているが体質で決定している部分も大きいのです。

 

炭水化物のような糖質で太ってしまう方もいれば、脂質で太る体質もあるように、食べ物のタイプでもやせにくくさせるものが違います。

 

そういう体質の把握もやせにくい理由をクリアするために知っておくことも大事です。

 

残酷な話ではありますが、骨格や筋肉の付き方のバランスで太って見えやすい体型の方もいますし、逆に本当は太っているのにそう感じさせない方もいます。

 

そういう部分も考えておくと自分のダイエットは単に食事制限で解決しないこともわかってくるでしょう。

 

 

食べているものの傾向を知る!

 

 

まずやせにくい理由をクリアするには、自分がどんなもので太りやすいのか、どんな要素があると太っていくのかを把握しましょう。

 

意外と普段から何気なく口にしているものが太らせている原因だったり、生活習慣のクセが太らせていることもあります。味付けも深く関係していますから、ここも注意しておくといいですね。

 

まずその原因をはっきりさせて、そのうえで控えたり、うまくコントロールしていかないと、流行のダイエットを次々試しては失敗を繰り返す羽目になってしまうからです。

 

やせにくい理由を知っているのは自分自身なのです。また太りやすい要素は何かを知っているのも自分自身です。

 

そこで自分が何気なく行っていることや食べているものの傾向を調べていくだけでも、やせにくい理由や太ってしまった原因が見えてきます。

 

page top