いい加減な食生活は太るもと

いい加減な食生活は太るもと

 

「やせたいなら食べなきゃいいじゃない」

 

とばかりに食事を抜いてしまうというダイエットの方法は、一時的にはやせます。

 

しかしながら結果的にはやせるのではなく、やつれるという状態に自分を追い込んでいるのと同じです。

 

食生活は実際、身体の健康だけではなく、精神的な健康にも影響を及ぼします。

 

いうなれば基本になっているのです。ですから食生活をおろそかにしたり、いい加減にしていると、やつれるどころか、徐々に太りやすい体質に変わってしまいます。

 

理由はきちんと食べていないと、身体は飢餓状態になってしまうからです。

 

飢餓状態になれば、とにかく栄養吸収を早くしないと生命の危機を身体は感じるので、正常な状態よりもカロリーを多く吸収して、それを脂肪に変えてしまいます。

 

そのため絶食したり、食事を抜いてしまうような、いい加減な食生活を続けていたら、今はスリムでいられても、数年後には余計な脂肪を蓄えやすい身体に変わってしまう危険が大きくなるのです。

 

食事をいい加減にしてはならない

 

やせるダイエットは本来、効率よく食べて、効率よくエネルギーを作り、消費していくことです。やつれるのでは身体の機能が弱り、十分にエネルギーを消費できないようになってしまいます。

 

やせるために自分なりに食生活を調整することが重要です。やつれることは目的ではありません。

 

やはり今、身体についている余計な脂肪を落として、ひきしまった身体にすることが目的なのですから、身体を作る食事をいい加減にしてはならないのです。

 

どんなに忙しくても、身体を飢餓状態に陥らせない工夫をうまく行うこともダイエットの一環だと言えます。食欲がなくても、リンゴをかじるだけであっても、十分に身体はなんとか飢餓状態を避けてくれるものです。

 

やせるためにと毎食リンゴだけでは問題ですが、食生活の乱れを直しましょう。

 

 

page top