ダイエットにも適齢期がある

ダイエットにも適齢期がある

 

多くの「やせたい!」と考えている方は、極度の肥満ではなく、あと数キロの体重を落とせば自分の理想的な体重だと考えていることが多いものですよね。

 

「やせたい!」と思っていても、意外と多くの方は標準体重やちょっとぽっちゃりくらいなのです。つまりそれほどダイエットをする意味がないわけです。結果はやつれるになるでしょう。

 

ただし服をかっこよく着こなしたいという願望があっての「やせたい!」ですから、健康問題は抱えていないのです。

 

ただ外見を自分の理想通りに変えてみたいからこその「やせたい!」と思う方がほとんどだと思います。

 

この問題は外見を気にし始める思春期から青春期という成長期に強くなることが多くあります。

 

 

ダイエットに向かない年齢と時期

 

 

ただしこの時期にはダイエットは禁物だとご存知ですか。

 

まず成長期はホルモンバランスの関係で、女性はどうしても太りやすい時期です。そこに加えて、外見が気になる時期なので、やせるためのダイエットを試みるという方も多くなるのです。

 

この時期にやせる努力を行っても、健やかな成長の妨げになり、実はおすすめできません。

 

やせたとしても、身体の内部はやつれるので、将来的には健康問題を抱えることになってしまうからです。

 

具体的な健康問題としては、骨粗しょう症貧血、ひどいときには摂食障害を起こす危険があるので、身体を作り上げる時期である10代のダイエットはおすすめできないのです。

 

ですがダイエットにも適齢期があって、これは20代半ばの成長が完全に終了した時期です。この時期であれば十分に身体ができあがっていますので、ダイエットを行っても支障がないので、適齢期だと言えます。

 

加えて20代半ばがなぜ適齢期なのかといえば、この時期から余計な脂肪が付き始めるからです。こういう事実も考えて、行うのが賢いダイエットになります。

 

 

page top